クレジットカードのショッピングとキャッシングの違いって?

新社会人になった記念にクレジットカードを作りました。クレジットカードというと、通販やショッピングで後払いをするためのものというイメージだったのですが、キャッシングもできることを知りました。キャッシングというのは借金のことでしょうか? ふつうに使うのとキャッシングをするのと、どちらが得とか損とかあるのでしょうか?

ショッピングとキャッシングでは金利が違います

お考えの通り、キャッシングというのはATMなどから現金を引き出して借りることです。消費者金融のキャッシングと同じです。何が便利かと言いますと、ショッピングをされるとき、お持ちのカードが使えるレジばかりではありませんよね。カードで払えない、手持ちの現金がない、でも買い物はしたいというとき、近くのコンビニや金融機関のATMで借りることができます。ですので、基本的にはカードで払って、それができないときにはキャッシングで借りるのが良いと思います。

損得の問題で言えば、キャッシングの方が利息は高いはずです。お持ちのカードの情報をご確認ください。おそらくショッピングのリボ払いでは年率15%、キャッシングでは年率18%になっているのではないでしょうか。同じ金額の買い物をするなら、キャッシングの方が利息の分、割高になります。簡単にお金が借りられるからと言って、借り過ぎないようにしてくださいね。

もう一つ、海外へ行かれるならキャッシングが役に立ちます。カードで支払えない場面やチップなどで現金が必要なとき、提携ATMがあればすぐに現金を引き出せます。わざわざ両替をする手間が要りませんし、ATMの場所さえ把握していれば、大金を持ち歩く必要もありません。もし「キャッシングの機能は使わないから要らない」と思われるのでしたら、クレジットカード会社に連絡をしてはずしてもらいましょう。

クレジットカードのショッピングとキャッシングの違いとは

クレジットカードは、本来はショッピングをするためのものなのですが、キャッシングを利用することもできます。どちらも融資を受けているという点では共通していますが、細かい部分では色々な違いがあります。まず、そもそもの目的が異なっています。ショッピングとは、商品やサービスの代金を支払うためのサービスのことで、それ以外には使うことができません。また、販売している側がクレジットカード会社の加盟店になっていないと、利用する事はできません。

キャッシングの場合には、代金の決済をするのではなくて、現金を直接借りることになります。ですから、現金の使うことのできる店ならどこでも使うことができます。販売店側が加盟店でなくても現金で支払う事ができれば、使うことができます。ただし、この場合には借りた時点から利息が発生するという点に注意しておかなければなりません。ショッピングの場合には、翌月一括払いにすれば利息を支払わなくても良いです。販売店側が利息を負担してくれますから、購入者は支払わなくて良いのですから、この点は大きく異なっていて、良く注意しておかなければならないのです。

どちらも融資を受けているという点では共通なのですが、それぞれの限度額は別々に定められています。素人的な考え方をすれば、合計で同じ金額にしておけば良いだろうと思うようなものなのですが、実は基づいている法律が異なるために、別にしなければならないのです。難しいことなのですが、法的にそうしなければならないと考えておきましょう。

具体的には、ショッピングの場合には割賦販売法という法律が適用されます。つまり、クレジットカードで買い物をしているものの、部活払いの一種だと考えられるのです。キャッシングの場合には貸金業法という法律が適用されます。クレジットカードを使っていても、現金を借りているわけですから、消費者金融などが融資を行うのと同じものだと見なされていると言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 キャッシングの審査が通りやすい金融会社!?さっそくチェック! All Rights Reserved.